ユビタスが中国初のテレビ向けクラウドゲーミングサービスを発表、チャイナテレコムと提携

【広州市─2012年6月18日 】仮想化ソフトウェア技術企業のubitus Inc.(台湾・台北市、CEO:Wesley Kuo、以下「ユビタス」)は、中国最大の通信キャリアである中国電信股份有限公司(中国・北京、会長:王曉初、以下「チャイナテレコム」)とクラウドを活用したテレビ向けゲーム配信事業(以下、本サービス)での提携を発表しました。本サービスは中国初のテレビ向け商用クラウドゲーミングサービスとして、2012年10月1日より提供開始予定です。

2012_release_20120618_english_clip_image本サービスはゲームコンソール機の販売が政府方針で禁止されている中国市場で、日本を含む全世界のゲーム提供企業にコンテンツ配信の機会を創出するものです。ユビタスのクラウドゲーミング技術により、ユーザーは家庭内のスマートテレビやセットトップボックスから、インターネットのサーバー上で実行されるゲームの画面を動画ストリーミングを通じて遠隔操作でプレイして楽しめます。ゲームを端末機器にダウンロードする必要がないため、ユーザーが本格的なゲームをレンタル感覚で気軽に遊べるだけでなく、ゲーム提供事業者は違法コピーを心配せずに中国市場でゲームを配信できます。

本年6月15日より17日まで中国・広州で開かれたチャイナテレコムの展示会では、ユビタスはSkyworth、KONKA、LG製のスマートテレビ上で本サービスの実機デモを展示しました。併せて同6月16日に同地で開催されたモバイルインターネットフォーラム2012では、ユビタスは中国電信、コンテンツ提供企業、端末製造メーカーの各社首脳陣とパネルディスカッションを行いました。本ディスカッションによれば、中国におけるスマートテレビおよびセットトップボックス市場は2013年末までに5300万世帯へ拡大し、130%の年間成長率が見込まれています。

ユビタスは今後もクラウドゲーミング技術およびサービスの提供を通じて、ユーザー、コンテンツ提供企業、通信キャリア、および端末メーカーにコンテンツサービスの機会を創出して参ります。

 

◆ ユビタスについて:

Ubitus Inc.は2007年に設立され、台北本社・東京・ソウル・北京・広州・南京を拠点とする、双方向コンテンツ配信分野の先進的なソフトウェア技術企業です。パソコンやモバイル・IPTV など、あらゆる機器にデジタルコンテンツを配信・共有できるクラウドコンピューティング・ソリューションを開発提供しています。コンテンツプロバイダー、通信キャリア、デジタル機器メーカー等が主な顧客です。

 

◆ お問い合わせ:

ubitus Inc. 東京事業所
担当:春日 伸弥
TEL: 03-6435-6166
E-mail: shinya.kasuga@ubitus.net


 
Copyright © 2007-2013 Ubitus Inc. All rights reserved.