ユビタスが業界で最もスケーラブルなGPU加速クラウドゲームソリューションを発表

ユビタスGameCloud®は次世代ゲームのストリーミングをネイティブに近い質で可能にするサービスプロバイダ向けの技術で、最大の並行性を持つクラウドに接続するほぼすべてのデバイスに対応可能です。


<

【 2012年5月16日サンノゼ、カリフォルニア /PR NewsWire Asia/ 】インタラクティブなリッチメディアクラウドサービス技術のリーディングカンパニーであるUbitus Inc.(以下「ユビタス社」または「ユビタス」)は、NVIDIA社のKepler GPUアーキテクチャを基本とする新しいNVIDIA GeForce® Grid™技術を利用した次世代GameCloud®技術のデモンストレーションをGTC 2012で実施予定です。この技術の組み合わせによりゲームの並行性が大幅に拡大し、電力消費とGPUの使用が削減されます。

(ロゴ: http://www.prnasia.com/sa/2010/05/07/20100507249159.jpg


2011年、ユビタス社は世界初となるLTEネットワーク向けクラウドゲームプラットフォームを開発し、そのプラットフォーム用にMMORPGサービスを開始しました。現在、日本では50万人以上のユーザがクラウドゲームサービスにおけるアクティブプレイヤーとなり、最高の質によるプレイを楽しんでいます。


サービスプロバイダは、GeForce Gridをユビタス次世代GameCloud®プラットフォームに組み込むことで携帯電話、タブレット、テレビ、PCなどを使っていつでもどこでもネイティブに近い質で世界中のベストセラータイトルをシームレスにプレイすることができるようにゲーマーをサポートすることが可能になります。


「ユビタスはNVIDIA社と緊密に連携をとり、同社の新しいGeForce Grid技術を活用して当社プラットフォームGameCloud®をパワーアップさせました。これによりサービスプロバイダは非常にスケーラビリティの高いクラウドゲームソリューションを提供することができるようになります。私たちのコミットメントは、他のどのソリューションプロバイダよりも高速で費用対効果の高い最先端クラウドゲームソリューションを提供することです」とユビタス社CEOのWesley Kuo氏が話しています。


「NVIDIAのGeForceによるゲームのスマートフォンやタブレットでの取得は現在、ユビタス社が開発したNVIDIA GeForce Gridプロセッサ搭載のゲームクラウドで可能となっています。実はユビタス社とNVIDIAはすでに日本市場向けにGameCloudを開発しており、GeForceゲームはLTEネットワークを介して遠隔地のプレイヤー同士ですでに楽しまれています」と、NVIDIA社でクラウドーゲーミング ゼネラルマネージャーを務めるPhil Eisler氏がコメントしています。


本年ユビタス社はGTCの「Emerging Companies Summit」(新興企業サミット)にも参加予定で、再度「One to Watch」賞(注目賞)を目指してコンテストに参加します。ユビタス社はGTC 2009でNVIDIA社が提供する同賞を受け取っています。ユビタス社はグローバル電話通信会社などのゲームサービスプロバイダ向けの既製ソリューションの開発・サポートを手がけています。


5月15日より5月17日まで、San Jose市のマッケナリー コンベンションセンター116番ブースにてユビタスGameCloud®ソリューションのライブデモンストレーションを行います。ここではアクションやFPS、レース、カジュアルゲームなどの豊富なライブラリを楽しむことができます。


ユビタスについて
ユビタス社はクラウドイネーブルのリッチメディアサービス技術におけるリーディングカンパニーであり、デバイスメーカーや有線・無線通信サービスプロバイダ、電話通信会社、デジタルコンテンツ開発会社に対して革新的なクラウド コンピューティング ソリューションを提供しています。2007年創立のユビタス社は台湾の台北市に本社を置き、現在150人の従業員を抱え、東京、ソウル、北京、広州、南京の5都市に事務所を置いています。


お問い合わせ
ユビタス本社
電話:+886-2-2717-6123
E-mail:contact@ubitus.net
出所:ユビタス社


 
Copyright © 2007-2013 Ubitus Inc. All rights reserved.